呼吸 ❁どこかほっとするね

さきたま巡り ❁どこかほっとするね 

にほんブログ村

  • いいね!ランキング参加リンクです
  • 「にほんブログ村 温泉」ブログに参加しています
    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
  • にほんブログ村「季節の花」ブログに参加しています
    にほんブログ村 花ブログ 季節の花
  • 「にほんブログ村 埼玉情報」に参加しています
    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ

ヨヤクトルではお得な「バーゲンプラン」「早割り」「直前割」をご用意しております。

  • 年末年始に帰省したい! リーズナブルに旅行がしたい! たまには遠くの友人に会いたい!・・・ そんな人にはオススメです♪ ライフスタイルや目的、予算に合わせて選んで頂ける 高速ツアーバスの車種は豊富です。

アマゾンでお買物

  • 図鑑-知らない世界と出逢う驚き
  • アウトドアの基礎を学ぶ
  • 調べるワクワク 知る満足
  • 図鑑を”読む”楽しみ
  • 埼玉グルメのお伴にどうぞ
  • 時々、無性に聞きたくなる「シンフォニエッタ」
  • アウトドアにはEOSがお奨め
  • 必要以上に怖がらない放射能汚染の知識
  • 経済ニュースが判る本
  • インターネットにはおいしいコーヒーが似合う

マイタウンライフ

  • 家の設計 土地探し

ヤマダ電気

  • ヤマダ電気

カメラの買い取りはキタムラです

借り換えローン計算書

わたしのアタゴオル ❁どこかほっとするね

旅行の予約ができます。(宿泊・日帰りツアー)

  • 高速バス・車・電車と何でもOK

カテゴリー「温泉」の36件の記事

2016年3月 6日 (日)

温泉へ行こう

久しぶりの休日気分

温泉に行こうかな?

いやいや、梅を見に行こうかな?

あ~ 友達とランチ&おしゃべり?

何したいんだ?わたし

家のかたづけしなくちゃいけなんいんだった

だけど、気分はやっぱり温泉なんだな~

2013年8月14日 (水)

秋田 玉川温泉 療治


130802_091320


130802_093043
岩盤は熱く、暑い。

130802_095036
大きな岩についた流水の線
岩の一部となった線にさまざまな温泉成分が付着しています

130803_105725

130803_105732

今回は癌と診断された方といっしょ
詳しい経過がわからなかったため、
放射線量が岩盤よりも高く、地熱の弱い場所で砂熱浴

130803_105751

八幡平国定公園のなか
「はちまんだいら、きれいだね~」とのんきにおしゃべりしていると
「はちまんたいって呼ぶんだよ、青森の弘前をひろさきと読むのが常識であるのとおなじようにね」

と、未知の人から声がかかる

130803_105839_2
岩 真っ二つ
130803_105903_2
硫酸の吹き上げる「オオボケコボケ」の白い噴煙がもうもうと上がる




130803_105916

130803_110516
薄緑の濃い成分が川底に付着した温泉川の先は、
湯畑や源泉を掛け流した源泉温泉や室内岩盤浴になっている

130803_110618
「室内岩盤浴」とは、源泉を床下に流した熱い室内の板の間に横になる
ここは、玉川温泉館の女性自炊棟に設置されていたものが
2013年春から一般公開された場所だ

「子宮がんだったら、ここが一番いい」と噂に聞いていた

130803_115737



130803_115744







2013年8月 7日 (水)

山奥の温泉に行ってきました

秋田県八幡平国定公園 玉川温泉岩盤浴 

梅雨の開けていない夏空が高く青い
地熱を利用した岩盤浴の場には
岩盤浴の経験を力強く語り合う輪ができる 
生活する土地の枠に必要な「名前」は
ここではいらない
生活・人生におさまりきらない枠を超えた場の拡がりは生命の場
「病」がつなぎ合わせた生命の縁には名前はいらない 
 
空の雲
吹き上がる「大噴小噴ーおおぼけこぼけ」の白煙
その中に
緘黙に横臥する人 祈る人のかたわらで
大自然の場で初めて出会った人の
語り合う輪ができていく
              テント小屋岩盤浴
              高熱が必要な岩盤浴向き
              ウイルス性のガンを消滅させるほどの高熱の上に
                      黙して横たわり、汗がでてくるのを待つ

130802_093043_3

              オオボケコボケの噴煙に近い場所で
                     ラジウム泉の治癒効果の高い場所で地熱浴
130803_105916
 

2013年5月14日 (火)

赤城山温泉郷 滝沢温泉 滝沢館 露天風呂

赤城山温泉郷 滝沢温泉 滝沢館 露天風呂
群馬県赤城山南麓 2013年5月10日入湯
立ち寄り湯(15時まで) 600円

谷の緑の中
竹を伝って冷泉の源泉は壺の中に流れ込み
周りはちょうど良い加温で右手から流れ込む湯

130510_153223

130510_154617

深い谷の緑を映しながら流れこむ加温泉

130510_153809
肌に滑るとろっとした柔らかさ

130510_153833

源泉は24.5度
冷泉の壺に手を入れて確かめる

男性棟は深い壺湯になっているようでした

130510_153535
炭酸の泡が柔らかです
ちょっと塩味
130510_153550

130510_153924
木立の映る露天風呂で
今日は真夏日
いい汗流しました

130510_154755
130510_153511

130510_160711
130510_161509

130510_161521

130510_155925

130510_155938

130510_155950

130510_160006

2013年5月13日 (月)

赤城山西麓 立ち寄り湯「天地の湯」 源泉かけ流し

源泉かけ流しのとろんとした無色透明のしょっぱいお湯がまろやか 「天地の湯」HPへ
建物も内湯も木造りで自然の素材を大切にしています。
遠く雄大な榛名連山を眺めながら入る露天風呂はゆったりとした広さです。
加水・加温・循環ろ過・消毒は一切しておらず、高い源泉温度を熱交換機で下げている。

住所: 群馬県渋川市赤城町溝呂木1270
電話 : 0279-56-5333
600円 (駐車場広いです)

敷地も広く
食事もおいしく
ほっとしました

130506_155345藪椿の大樹
赤い花が満開です

130506_172409お湯は三棟あります
男性風呂 女性風呂 家族風呂

130506_171814

天窓の光が明るい畳のお部屋には
大きなテーブルに長いベンチ
気持ち良い休憩所

130506_171603
女性湯から見える
向かいは榛名山連山
春霞と思いきや
関東を襲った巨大な土埃だそうだ

130506_172957

2013年5月 9日 (木)

群馬赤城温泉 「御宿 総本家」その2  露天風呂 

深い谷の上、崖の中腹にある露天風呂
予約制で貸し切り30分になっています

薄暗がりのなかで温泉に入ります
向かい側の山の稜線に見える木々の上ぎりぎりに
西の空でスクエアーダンスを踊る金星が見えます
すごいスピードで下降していく金星が木影に隠れたり
木の間から光りがきらきら漏れ出したり
きれいな星光りを楽しむうちに目が慣れてきました
露天風呂は7人は入れるほどの広さです
Img_2691
Img_2690


Img_2687
鉄柵の向こう側は深い谷です
Img_2689
翌日の朝、一番で入湯しました
130506_073844
130506_073926
谷の向こう側の山には、桜の薄ピンク色が見えます

130506_074027
金星が踊った西の空の稜線

130506_074100
温泉は時間をかけて岩に模様を描いていきます

130506_074753

130506_074814

130506_075220

130506_075309
「総本家」のテーマは「和」と「アジア」

130506_075420
バリ島のお面かな?露天風呂への入り口右側は「アジア」の飾りつけ

130506_075513
露天風呂への入り口 左側は木造「昭和の和」テイスト

130506_075703

2013年5月 8日 (水)

赤城温泉 「御宿 総本家」 長湯のできる源泉温湯

Img_2681 2013年5月5日 入湯


ほんのりと温かな岩風呂で
だらだら汗が流れてくるまで
ゆっくりぷかぷか揺れていたい
湯室全体が優しいサーモンピンク色に染まっている
大きな巌や床の境は分からない
湯桶もオレンジ色の磐と化している
柔らかな鉄分の金気の匂いが鼻の粘膜を刺激しながら脳へと浸みて
渋くて苦いお茶を飲んだ時のようにほっとする

Img_2680
鉄分の多い温泉は、薄灰色で、ぎしぎしとした肌触りがする
温泉のぎしぎしは体の隅々をお掃除するかのように気持ちよく浸みわたってくる
耳掃除をしているときのような
かゆいところをコシコシ柔らかに掻いてもらうような
気持ち良いかすかな刺激だ
まるで、柔らかな棕櫚の箒でお掃除しているような
そんな気分でうっとりする不思議な触感だ

Img_2682
からだのあちこちに砂地があって、温泉が吸い込まれていく
泉との一体感を感じるころ
自分のからだから温泉が湧きだす
からだを締め付けていた力がゆらゆらと汗になって溶け出して
温泉と自分が一致したと思う頃
まだ上がりたくない気分で
ゆっくりと顎の先まで沈んでみる

Img_2679
窓の外は谷の緑
ちらほらと山の桜の薄ピンクが見える


2013年4月11日 (木)

三朝温泉 共同湯 ―露天「河原湯」 飲泉「薬師の湯」

2013年4月2日撮影

三朝温泉 無料共同露天湯 「河原湯」 

美しい川と桜並木
手先だけ入れてみた。あっつい!
小雨も降っているし
今日は遠慮しておこう
ここであっつつ踊りをしたくない・・・

130402_092612

これは丸裸の湯~ですね

130402_092636
露地散歩
石垣が職人芸
130402_093247
桜の花が散る頃は
わたしの寄り道 多くなる

130402_093436
温泉 飲泉場「薬師の湯」

130402_093750
木屋旅館の朝珈琲サービスは「カムパネルラ」
”重要な議論だがここではしたくなかった議論”を店主から話しかけられる

130402_091949
「ちょっと、休んでいきなさい」という意味だそうです
けっして、煙草を飲んでいきなさいという意味ではありません

130402_091932
つばめも”たばこ”していかいなー
店の電灯のうえでちょっと一休み

130402_091421
う~ん 心配は私も同じですが

防衛費ってローンの頭金が多いんだよね
返せるのか?このローン総額っていうときに
これ以上、武器にお金を使うのはSTOPだ
今だからこそ 言いたい
「戦争はいやだ!」

              「カムパネルラお前も戦争を望んでいるかい?」
130402_091725

三朝の町はひなびた温泉街だ
次にきたときも温泉にじっくり入りたいものだ

2013年4月 9日 (火)

透明な蒼いラジウムオーラ色に光る ―三朝ラジウム温泉 「木屋旅館」2013年4月1日宿泊

熱い源泉が足元からふつふつとわいてくる
湯の床底は平たい石板が3枚並べてある
座るための木の段が渡してある

130401_174245
これはすごいぞ
見事なタイル

130401_174438

130401_174419

130401_174307

130401_174341

極めて熱湯
ぐつぐつと沸騰している温泉窯から柄杓で汲みだします
コップに移してもすぐには飲めません

130401_180026


湯室に降りると温かな床
湯桶に入って上を仰ぐと湯気抜きからは
小鳥の鳴く声ばかりが聴こえてくる

130401_174404


床の石畳はすべすべしている緑色の石
全面温かくオンドルになっている

130401_180144
半地下の楽天湯は
いつでも貸切




130401_174513
130401_174654


130401_174705


130401_174714


130401_174726


130401_174737







「天然日帰り温泉 茂美の湯」行田市佐間 ―さきたま巡り

緑色岩でつくられた露天風呂
さきたま古墳公園や周辺の古墳には緑色岩が使われている。
温泉の湯に緑色岩のミネラルが融け込むのだろうか
湯に柔らかさがある。
2~3人入るといっぱいの壺風呂のようになっている露天風呂は
いつも一番人気だ

比較するために三波渓谷の石(トップ中央)を並べてみた。
この後、携帯電話も温泉に浸かった (;一_一)
持ち主に似て温泉好きになっては困る

130306_150654

130306_135748
玄関前には趣のある大きな石が積まれています

130306_135838
「古墳の湯」

130306_150703


130306_135607


130306_135859

130306_135930

130306_140005

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ